このエントリーをはてなブックマークに追加  

代表的な治療薬について

薬を渡す医師

逆流性食道炎では、PPIと呼ばれる、プロトンポンプ阻害剤。そして、ヒスタミン受容体拮抗剤と呼ばれる、H2ブロッカー。

 

この2種類が、代表的な治療薬として使用されます。

 

人間の胃の内部には、胃酸を分泌するための組織、【プロトンポンプ】が存在します。

 

PPI、プロトンポンプ阻害剤は、このプロトンポンプに
作用し働きをあえて妨げて、遺産の分泌を抑える働きがある薬になります。

 

働きを妨げ、胃酸の分泌を抑制する薬です。

 

また、胃には、ヒスタミン物質と結合すると、
胃液が分泌されるH2受容体と呼ばれる組織が存在しています。

 

H2ブロッカーに代表される、ヒスタミン受容体拮抗剤は
ヒスタミン物質が胃の内部にあるH2受容体に結合するのを防ぎ、
胃酸・胃液の分泌を抑制する治療薬になります。

 

医師の指示に従って、病状に合った適切な薬を処方してもらい、
指示通り、しっかりと服用することが最も大切な事になります。




逆流性食道炎を治療する場合、どのような薬を使うのかについて解説しています。