このエントリーをはてなブックマークに追加  

症状も次第に改善していきました。

「ストレスを溜めると胃のぜんどう運動がなくなり、
消化に悪いので、ストレス発散法を見つけてください」

 

お医者さんからこのアドバイスを受けた後も、
一人カラオケに行ったり、友達と思いっきり話す時間を設けたりしながら、
ストレスを溜めない様に努めました。

 

以前は、食後二時間もしない内に横になってましたが、
食後二時間以内に寝てしまうと、胃液が上がってきてしまう様なので、
ソファにもたれかかって休む様にしました。

 

夜寝る時も、上半身の下にクッションを置くなど、
上半身の位置を高くすることで胃液が逆流するのを防ぎました。

 

そして、胃液の分泌を抑える【パリエット】という薬を、
二週間…、一ヶ月…、三ヶ月…と飲み続けました。

 

すると、驚くことに、一ヶ月もすると
逆流性食道炎の症状はほとんどなくなっていたのです。

 

四ヶ月もした頃には、高級美容液を塗ってもびくともしなかったニキビが、
跡形もなく、綺麗になっていました。

 

体重は、その後、半年間で55kgまで減りました。

 

さらに、背中の痛み(食道の影響で痛んでいた)で整体に通ってたというのに、
整体に通う必要もなくなったのです。



逆流性食道炎の治療を継続していくことで次第に症状はほとんどなくなっていきました。