このエントリーをはてなブックマークに追加  

逆流性食道炎という病気を知って名医の元へ

その頃、私はインターネットでがむしゃらに、
自分の症状から推測される病気を探していました。

 

すると、【逆流性食道炎】というものが目に入り、
その症例が自分にかなり当てはまってることが分かったので、
そのまま内科の名医を探し、ある病院へ行きました。

 

その病院は、大学病院の様な研修医の多い所ではなく、
かなりちゃんとした、立派な建物の病院です。

 

その日、私を診てくれたお医者さんは、
【逆流性食道炎】に詳しい方でした。

 

「Yさん、あなたは逆流性食道炎なんですよ」

 

先生は、胃カメラで撮った私の胃の様子を見せてくれました。
食道は、真っ赤に腫れ上がっていました…。

 

今までのことを思い出してしまい、
思わず私は、先生の前で涙を流し始めてしまいました。

 

「今まで辛かったでしょう。逆流性食道炎っていうのはね、
現代ではまだ珍しい症状なんです。

 

大きな病院でも、立派なお医者さんでもね、
知らない人がまだまだ多い症例なんです。

 

でも、致命的な病気ではないんです。

 

生活を変えれば必ず治すことができますからね。
一緒にがんばっていきましょう」

 

私は大きく頷き、その当日から、
今までの不規則な生活を変える為の努力を始めました。



私の病気はある名医がいる内科の病院で逆流性食道炎と診断され、治療を行っていくことになりました。