このエントリーをはてなブックマークに追加  

食生活の改善が思うようにできず・・・

医師からは、色々なアドバイスを受けることができました。

 

そのアドバイスの中には、【暇な人であれば】明日からでも試せるのだろうな…
という要素が沢山詰まっていました。

 

食生活を改善すれば治る…ということも十分、理解できました。

 

しかし、すぐにそれを試す訳にはいかなかったので、
しっかり改善するには、かなりの時間がかかりました。

 

まず、私の出勤時間は非常に早く、妻と共働きであることもあって、
お弁当を作って貰うことなどができない状況にありました。

 

家族の協力があれば、もう少し早く治ったのかもしれませんが、
ことはそう上手く運ばなかったのです。

 

どうしても外食を選択せざるを得なかったので、
食生活はどうしても、ラーメンやパンに比重を置くものになっていました。

 

脂っこいものは消化に時間がかかるから、胃酸が沢山分泌されてしまう。

 

…ということを知ってもなお、あまりにも多忙だったので、
そういった栄養バランスを気にする余裕は中々出てきませんでした。

 

栄養不足が続くと、それと同時に、
逆流性食道炎の症状も悪化し続けてしまっていましたし、
私の鬱病も酷くなるばかりで、完治の目処が立たない状況が続いていたのです。



医師から逆流性食道炎であることを告げられのアドバイスをもらいましたが、これまでの食生活を改善していくことは簡単ではありませんでした。