このエントリーをはてなブックマークに追加  

逆流性食道炎であることが判明

私がチェックを入れたシートを見て、先生は「あ〜」と、
納得する様な声を出していました。

 

「何?何なの?」ともじもじしていると、先生は、
「Sさん、あなたね、逆流性食道炎かもしれないよ!」と、
言ってきました。

 

逆流性食道炎?

 

その病名を聞いた時、
私の頭にはハテナマークが100個くらい浮かびました。

 

そう、私は逆流性食道炎という
病気自体を知らなかったのです。

 

私はどちらかというと強がりなたちで、
知らないものを知ったかぶってしまう所があるのですが…、
その時ばかりは、恥を忍んで、こう訊ねました。

 

「あの、逆流性食道炎って何ですか?」

 

先生は、ちょっと待ってね、と言って、
一冊の本を持ってきてくれました。

 

その本は、逆流性食道炎の治し方が書かれている本だったのですが、
先生はそれを私に開かせながら、

 

「逆流性食道炎についての本は少ないし、
本屋さんにもあまり置いてないけど、一冊持ってるとかなり違うと思うので、
ぜひ買ってみてください」とアドバイスしてくれました。

 

先生曰く、
「Sさんは、たぶん逆流性食道炎なんだけど、
うちではどうもできないから、大きな病院の内科で見て貰ってね」
とのことだったので、

 

それ以降は、その医者へ通院するのを止めて近所の内科を探すことになりました。



さらに調べてもらった結果k逆流性食道炎であることが判明し、内科の病院で診察してもらうようにように言われました。