このエントリーをはてなブックマークに追加  

逆流性食道炎を治す為に行ったこと

ここまで読んで驚かれた方も、いらっしゃるかもしれません。

 

そう、無知な私に「逆流性食道炎」という病名を教えてくれたのは、
何を隠そう、「耳鼻咽喉科の先生」だったのです…。

 

普通は、逆流性食道炎を診断してくれるのは、
内科の先生なんですよね。

 

内科の先生というか、内科の先生でも、
逆流性食道炎という病気をよく知らない人が多い様ですし、
私の様なパターンはかなり少ないことでしょう。

 

それに、お節介なその耳鼻咽喉科の先生は、
その後も私に逆流性食道炎についてを詳しく教えてくれたのですから、
かなりラッキーだったと言えるのかもしれません

 

(このことは、逆流性食道炎の知識が全くなかった
私を回復に向けて導いてくれました、本当に)。

 

しかし、それによって逆流性食道炎が
すぐに治るわけではありませんでした。

 

もちろん、逆流性食道炎を治す為には
通院や食生活の改善をしなくてはならない訳ですから、
私はその後も、何かと努力を強いられる様になっていったのです。

 

私が主に行ったのは、以下の三つでした。

 

1.糖質の制限。
2.寝る前に物を食べない。
3.しっかり通院する。

 

これらの習慣は、私を長年の苦痛から解放してくれました…。

 

個人差はありますが、糖質の制限はかなり効果的だったので、
次の記事の中でどのように糖質の制限を行ったのかをご紹介したいと思います。



逆流性食道炎を治す為に行った3つのことをご紹介しています。