このエントリーをはてなブックマークに追加  

逆流性食道炎に悩み続けた私。

S・Sさん(女性・40歳)

私は、今現在40歳なのですが、逆流性食道炎の症状に悩み始めた時期は、今からもう20年も前にさかのぼります。

 

私は大学時代から、胸焼けや体のだるさ、声の掠れといった悩みを常に抱え続けてきました。

 

受験の時も、友達と泊まりで遊びに行く時も…、常に、逆流性食道炎の症状に阻害されて、辛い目に遭ってきたのです。

 

しかし、まさか逆流性食道炎のせいとは思いませんでしたし、
私が大学生だった頃は、世間にまだ「逆流性食道炎」
という病名が浸透してませんでした。

 

私が逆流性食道炎という病名と出会ったのは、
近年になってからのこと。

 

今から5年ほど前に、喉の違和感に悩んで
近所の病院の咽喉科に行った時のことだったのです。

 

まさか、咽喉科へ行くことが逆流性食道炎の治療の第一手になるとは、
私自身も、夢にも思いませんでしたが、

 

私に「逆流性食道炎」というものの存在を教えてくれたのは、
誰でもない、耳鼻咽喉科の先生だったのです。

 

この耳鼻咽喉科の先生は、すごく親切で、
悪く言うと、ちょっとお節介な所のある先生でした。

 

そしてその耳鼻咽喉科では、胃カメラの様なものを入れて
内視鏡検査を行ったのですが、その時に見た自分の食道は、
びっくりするほど赤く晴れ上がっていました。


逆流性食道炎の体験記【S・Sさん編】記事一覧

私は、それまで胃カメラなどの類の医療器具を使って貰ったことが、全くありませんでした。自分の体の中を見たことが全くなかったので、食道の画像を見るというのは、本当に初めてのことだったのです。初めて見た自分の食道はあまりにも赤く…。素人目に見ても異常があることが見て取れる感じだったので、「何これ?」という...

私は、その耳鼻咽喉科に何度も通う様になったのですが、毎回、声の掠れについての原因は「分からない」と言われていました。先生は当初、「ストレスが原因なのではないか」と言っていたので、きっとそうなんだな、最近全然遊びに行ってないし、旅行にでも行って発散した方がいいかなと、軽く考えていました。しかしその後、...

私がチェックを入れたシートを見て、先生は「あ〜」と、納得する様な声を出していました。「何?何なの?」ともじもじしていると、先生は、「Sさん、あなたね、逆流性食道炎かもしれないよ!」と、言ってきました。逆流性食道炎?その病名を聞いた時、私の頭にはハテナマークが100個くらい浮かびました。そう、私は逆流...

ここまで読んで驚かれた方も、いらっしゃるかもしれません。そう、無知な私に「逆流性食道炎」という病名を教えてくれたのは、何を隠そう、「耳鼻咽喉科の先生」だったのです…。普通は、逆流性食道炎を診断してくれるのは、内科の先生なんですよね。内科の先生というか、内科の先生でも、逆流性食道炎という病気をよく知ら...

私に【糖質の制限】についてを教えてくれたのは、同じく逆流性食道炎を治療中だった、職場の後輩でした。彼は、いかにもカレーやラーメンが好きそうな、中肉中背の青年。彼は私と全く同じ悩み(食後の胸焼けがひどい、他人と一緒に食事するのが苦痛…等)を抱えていたので、会う度に「逆流性食道炎辛いよね〜」という雑談に...

最初は、彼のやっていることを馬鹿にしていました。主食を抜くなんて、エネルギー源を断つのと一緒では?と思っていたので、糖質を制限することが良いと言われても、あまり積極的にやろうという気にはならなかったのです。しかし、彼は本気で糖質抜きを頑張っていました。大好物で、一日に三食も食べていたカレーも、「糖質...

私は、かなり焦りました。職場での彼と私は、いわゆる【だらしない組】、【落ちこぼれ組】に属するタイプ…。食後は眠くて仕事もはかどらない…。逆流性食道炎のせいで、いつも体がだるくて、動作も重たい…。そんな「ダメダメなツータッグ」だったので最初は「抜け駆けだ!」と涙ぐみました。あっという間に彼だけが、7キ...

糖質制限をする様になってからは、体がずいぶん軽くなりました。いつも、寝ても覚めてもだるかった体が一気に軽さを取り戻したのです。その軽さは、言い過ぎかもしれませんが、小学校低学年の時の様な軽さだったので、「ああ、私の今までの体は、やっぱり異常だったんだ」と改めて気づかされる様になりました。体が軽くなる...

さて、その後、私はどうなったかというと…。大学生・中学生の時代から悩まされ続けてきた逆流性食道炎の症状は、糖質制限をしたことによって、たった一ヶ月・二ヶ月のうちに改善されました。薬をしっかり服用し、週に一回通院してたおかげもあるかもしれませんが、通院を止めた今も、症状は再発していません。私も彼も、逆...



逆流性食道炎の経験があるS・Sさん(女性・40歳)がどういった症状が現れて、その後どのように治療していったのか、その体験談を公開しています。