このエントリーをはてなブックマークに追加  

食生活が改善できなければ治療の意味なし

「消化に悪いと思われるものはすべて止めるべきです。そうしないと、
人前でもずっとげっぷが出続けてしまいます」

 

私はげっぷに本格的に悩まされていたので、その言葉に胸を突かれました。

 

「手術することで改善できないんですか?」

 

「できますが、食生活を改善しないのであれば、何の意味もありません」

 

「でも、お酒も我慢できないし、たばこを止めると逆に体調が悪くなるので…」

 

私はどうしても自分の食生活を変えたくなかったので、かなり粘りました。

 

しかしこの医師は、本当に誠実な人だったので、
主張を変えずにあくまでも冷静に、私を諭し続けてくれました。

 

「そういう生活を続けながら健康であり続ける、
ということはまず出来ないと思ってください。

 

それでも良いなら、お酒もお肉も、好きなだけ召し上がってください。

 

あと、薬で一時的に良くなっても意味がありません。

 

食生活を正ささないと、根本的な原因は解決しませんからね、
また必ず、逆流性食道炎になりますよ」



食生活を改善するのが嫌だったことから医者に別の治し方はないのか聞いてみましたが・・・。