このエントリーをはてなブックマークに追加  

胸焼けの症状を改善する為に・・・

げっぷがなくなっただけでも助かりましたが、
胸焼けの症状はまだ酷いままでした。

 

食後は、食道が焼ける様に痛くなってしまっていましたし、
この痛みはどんどん強くなってしまってました。

 

時には、「中がただれているのでは?」と感じたこともありましたし、
耐えきれない程の熱さに身をよじらせたことも少なくなかったのです。

 

この酷い胸焼けを解消する為には、
胃液の分泌を減らす必要があったのですが、

 

一朝一夕で薬の効果が出る訳ではありませんし、
食道の荒れが収まるまでに時間がかかったので、
この胸焼けは結局、治療を始めてから五ヶ月以上続くこととなりました。

 

「食後すぐに布団に入る」ことを止めればもっと早く治るとは言われていたのですが、
どうしてもそれだけは、難しかったのです。

 

残業後などはどうしても、夕飯を食べてすぐに寝ないとならなかったので、
上半身の位置が下半身よりも上の位置に来る様に工夫することで対処しました。

 

結局、「食べてすぐに寝る」という習慣は変えられないままなのですが、
上半身の位置を工夫するだけでも、胸焼けの度合いは軽くなったので、
この方法は今も続けています。



げっぷの症状は治まり、胸やけの症状が改善されていませんでしたが、寝方を工夫することでかなり軽くなりました。