このエントリーをはてなブックマークに追加  

再度先生に相談してみると・・・

炭酸飲料とお酒を断ってからは、
げっぷや胸焼けの症状は多少、改善されました。

 

しかし、げっぷは依然として多いままでした。

 

「肉もお酒もほとんど食べない様になったのに、何がいけないんだ?」

 

と、頭を抱える様になったのですが、
悩んでも悩んでも何が悪いか分からかったので、

 

以前、逆流性食道炎の治療にあたってのアドバイスをくれた、
Y病院へ行きました。

 

「食生活を改善しても、げっぷがどうしても出てしまう」
ということを相談した所、

 

医師から「食事中に空気を飲み込む癖があるかもしれないので、
意識的に食事をすることを心がけ、
空気を飲み込まない様にしてみてください」と言われました。

 

「空気を飲み込む癖?」

 

と、最初は首を傾げていたのですが、よく考えてみると、
私は人と食事をすることが多く、喋りながら食事をする癖があったのです。

 

そのことに気づいてからは、一人でゆっくり食事をする習慣を
心がける様になりました。

 

お喋りしながら食べる癖がなくなると、
一日に何十回もしていたげっぷがとうとう、一日一回〜二回程度まで減ったのです。



げっぷは減ってきたものの未だに続くことから、再度病院でアドバイスをもらうことにしました。