このエントリーをはてなブックマークに追加  

娘が体重計をプレゼントしてくれたのがきっかけで…

2008年9月頃、娘が「高い体重計」を買ってきました。

 

貯めたお年玉を奮発して買ったとのことでしたが、
最初は「なぜ体重計?」といぶかしんでいました。

 

もっと世の中にはおもしろいものがたくさんあるのに、
もうすでに家にあるものを買ってくるなんて、
この子はダメな子だと思っていたのです、最初は。

 

しかし、この体重計はかなりの良品でした。

 

まず、この体重計は普通の体重計と違って、
筋肉の量や水分量、骨密度などがパッと表示されるので、
自分の体型と健康状態を、「数字」で知ることができます。

 

逆流性食道炎が悪化していた頃に、
そういった体重計に初めて乗ることになったのですが、
最初に表示された数字は、信じがたいまでに悪い数字でした…。

 

「せっかく毎日ウォーキングしてるのに、こんな数字なの?」

 

とかなりショックを受けたのを覚えています。

 

その体重計に乗る癖がついてからは、ウォーキングの時間を長くしたり、
腹筋の仕方を変えてみたりと、自分なりに工夫する様になりました。

 

工夫の仕方が正解だと、すぐに数字に表れてくれるので、
体重計に乗るのがどんどん楽しみになっていきました。

 

その体重計を手に入れてからでしょうか…。

 

70キロあった体重が、ハイペースで減る様になり、
その後、半年間でなんと、10キロものダイエットに成功してしまったのです…。



「高い体重計」を使う様になってからどのような変化が出てきたのかについて書いています。