このエントリーをはてなブックマークに追加  

咳き込む症状との関連性について

咳をする男性

逆流性食道炎の主な症状は、胸やけ・そして胃もたれです。そして、その他の症状として、【咳】があります。

 

逆流性食道炎の代表的な症状は、胸焼けや、胃もたれですが、中には咳という症状もあるのです。

 

胸やけ、胃もたれだけが、逆流性食道炎の症状ではありません。

 

逆流性食道炎によって、非常に激しく
咳き込んでしまう方もいらっしゃるのです。

 

前述していますが、逆流性食道炎は胃液が食道に逆流してしまい、
食道に炎症が起こってしまう病気です。

 

胃から食道へ胃液が逆流する際、
気管に間違えて胃液が入ってしまい、
咳き込み、気管が炎症を起こしてしまう事もあります

 

逆流性食道炎は、胃酸が逆流し、食道に炎症がおきる疾患です。

 

この胃から食道へ胃酸が逆流する時に、
気管に胃酸を吸い込んで咳き込んだり、気管支が炎症をおこしてしまうのです。

 

すると咳が出て、その咳は喘息の原因になってしまう事があります。

 

胃液が気管支に対して刺激を与えて、
喘息の症状を大きく悪化させてしまうのです。

 

さらに、逆流性食道炎で出る咳の種類は、数多くの種類があります。

 

咳が出たら、単なる咳だとは思わず、
出来るだけ早く病院で見てもらう様にして下さい。




逆流性食道炎になることで咳き込んだりする症状が現れることがあります。その関連性、特徴などについて詳しく解説していきます。