このエントリーをはてなブックマークに追加  

頻繁に出るげっぷの症状との関連性について

げっぷをする男性

さて、今回は胸やけでも、喉も痛みでも無い、逆流性食道炎になると出やすい症状の一つ、【げっぷ】について、解説していきたいと思います。

 

逆流性食道炎の症状の一つに、異常な程げっぷが出るという症状があります。げっぷ?そんなの、ちょっと食べ過ぎたら誰でも出るじゃない。

 

そう思う方、多いかもしれません。

 

たかがゲップ。
されどゲップ。

 

しかし、一日の中で何度もゲップが出るという事は、
あまり良い事ではありません。

 

出ている本人も、不快に感じるはずです。

 

また、ゲップは自分だけでは無く、
他人にも大きな不快感を与えてしまう事が多々あります。

 

食事の席等で、目の前で友人が頻繁にゲップをしていたら、
あなたはどう思いますか?

 

やはり、マナー違反だと感じて、
不快な印象を持ってしまうのではないでしょうか?

 

皆さん既に周知の事実かと思いますが、
ゲップは胃の中で蓄積された空気・ガスが口から出てしまう事を言います。

 

皆さんは経験ありませんでしょうか?

 

ビールやコーラ等の炭酸飲料を飲んだ後、ゲップが出た事。
また、お腹一杯食べた時にも、ゲップが出た事。

 

これは、炭酸が胃の中で蓄積されて、
それが外に排出される際にゲップが出てしまいます。

 

食べ過ぎた時は、空気を一緒に飲み込んでいるため、
ゲップが出ると考えられています。

 

これらの事は、どんな健康な方でも起こる事なので、
仕方が無い事なのです。

 

ゲップ自体は、おかしい事ではありません。

 

ですが、逆流性食道炎になると、
ゲップの頻度がとても多くなってしまうのです。

 

ゲップと共に胃液が逆流し、口の中に薄まった胃液が
込み上げて来る事があるので、大変辛い症状だと言えます。




逆流性食道炎になることで頻繁にげっぷが出るという症状が現れることがあります。その関連性、特徴などについて詳しく解説していきます。