このエントリーをはてなブックマークに追加  

呑酸(口の中がすっぱい)の症状との関連性について

呑酸に悩む男性

最近では、逆流性食道炎を認知させようと、テレビ・ラジオで逆流性食道炎に関するコマーシャルを、良く目にします。

 

コマーシャルを見たり、聞いたりした事のある方は、ご存じかと思います。

 

【呑酸】と言う言葉。

 

多分、ほとんどの方はテレビ・ラジオのコマーシャルで、
初めて知ったのではないでしょうか?

 

呑酸とは、わかりやすく言いますと、薄まった胃液が食道を通り、
口の中まで上って来る時に出てしまう、ゲップの事を言います。

 

ゲップが出てしまう症状・・・と言った方が良いでしょうか。

 

呑酸の症状は、胃酸が過剰に分泌されていたり、
胃の調子が悪くなったり等の原因によって、
食道に胃液が逆流するために起きてしまいます。

 

呑酸=逆流性食道炎と判断する事は出来ませんが、
呑酸になる多くの原因は、逆流性食道炎である事が多いのは事実です。

 

あれ、これって呑酸かも・・・と思ったら、
病院で診察を受ける事をお勧め致します。




逆流性食道炎になることで呑酸(口の中がすっぱい)の症状が現れることがあります。その関連性、特徴などについて詳しく解説していきます。