このエントリーをはてなブックマークに追加  

何科で検査してもらえばよいのか?

内科の病院

逆流性食道炎は、胸の痛み、胃の痛み、喉の痛み、咳など、様々な症状が出てきます。

 

そのため、どこの科へ行けば良いのか、分からないという方も多いかと思います。

 

そんな時は、少し大型の病院の内科で一度診察を受ける事をお勧め致します。

 

複数の科がある病院の場合、横の繋がりがしっかりとありますので、
内科で簡単な検査をした後、胃腸科へ通院するべきか、
消化器科へ通院するべきか、適切な判断を行ってくれます。

 

逆流性食道炎の場合、適切で迅速な治療を行えば、
完治に近づく事も可能です。

 

逆流性食道炎は、決して怖い病気ではありません。

 

以前は逆流性食道炎という病気自体があまりメジャーでは無く、
患者数も少なかったため、胃カメラ等の検査は行われず、

 

問診だけを行い、胃薬を処方して終わり・・・
といった事も多かったのですが、

 

現在ではテレビコマーシャルでもやっている通り、
日本人の1割が逆流性食道炎になっていると言われる程、
大変患者数の多い病気です。

 

そのため、疑いがあると、必ず問診や検査が行われます。

 

問診では、逆流性食道炎診断のために作られ
問診票を使う事がほとんどです。

 

そして、検査は、内視鏡検査、組織の検査等によって
検査・診断が行われて、その結果に基づき、
医師が適切な治療法を探っていきます。

 

迷ったら、まず大きい病院の内科へ行く
この事を、頭の片隅に置いておいて下さい。


逆流性食道炎はどこの科で検査をしてもらえる?関連コンテンツ

逆流性食道炎の検査方法は?
逆流性食道炎の検査にはどの位時間がかかる?


逆流性食道炎を病院で診察してもらう場合、どこの科に行けばよいのかについて解説しています。