このエントリーをはてなブックマークに追加  

検査の種類と流れについて

検査

逆流性食道炎は、主に問診と触診、そして内視鏡検査で診断が行われます。

 

逆流性食道炎には、胸やけ・咳等、様々な症状がありますので、医師に詳しく説明をしなければ、逆流性食道炎と判断してもらえない場合もあり得ます。

 

そのため、自分の症状を出来る限り詳しく、医師に伝える様にして下さい。
メモをして、持って行くのもお勧めです。

 

問診・触診が終了したら、次に内視鏡検査を行います。
内視鏡検査で、食道の炎症。
そして、胃の状態を調べます。

 

胃カメラを鼻・あるいは口から挿入して、
食道に潰瘍やびらんが出来ていないか。

 

出来ているのであれば、どの程度出来ているのか。

 

そして、胃の検査も行い、カメラで見るだけでは判断が難しい場合、
胃や食道の組織を一部切り取り、詳しく検査を行う場合があります。

 

また、まだ普及はしておりませんので、
大きな大学病院でしか検査をする事が出来ませんが、

 

24時間継続して携帯式の記録装置に胃と食道内部の
酸度の変動を記録する、ペーハーモニタリング検査を行う事も、
最近では多くなってきています。




逆流性食道炎を病院で診察してもらう場合、どういった検査を行うのか、方法について解説しています。