このエントリーをはてなブックマークに追加  

逆流性食道炎の検査記事一覧

逆流性食道炎は、胸の痛み、胃の痛み、喉の痛み、咳など、様々な症状が出てきます。そのため、どこの科へ行けば良いのか、分からないという方も多いかと思います。そんな時は、少し大型の病院の内科で一度診察を受ける事をお勧め致します。複数の科がある病院の場合、横の繋がりがしっかりとありますので、内科で簡単な検査...

逆流性食道炎は、主に問診と触診、そして内視鏡検査で診断が行われます。逆流性食道炎には、胸やけ・咳等、様々な症状がありますので、医師に詳しく説明をしなければ、逆流性食道炎と判断してもらえない場合もあり得ます。そのため、自分の症状を出来る限り詳しく、医師に伝える様にして下さい。メモをして、持って行くのも...

逆流性食道炎の検査は、皆さんが想像しているより、難しいものではありません。規定の問診票による検査が行われて、これが20分程度で終了します。その後、触診等が行われて、10分程度。長くても15分程度で終了します。その後、当日とは限りませんが、内視鏡による検査が行われます。非常に細い管を鼻・あるいは口から...



逆流性食道炎かどうか診察してもらう場合どういった検査を行うのか気になる情報をまとめてご紹介しています。