このエントリーをはてなブックマークに追加  

ストレスによる影響について

ストレスをかかえる男性

今回からは、逆流性食道炎の原因について、説明していきたいと思います。

 

逆流性食道炎の大きな原因の一つに、【ストレス】があります。単純にストレスが溜まると、胃酸過多の状態になります。

 

そして、食道の粘膜が胃液で傷付かない様、胃液が食道に逆流しない様にしている器官の能力も、
ストレスによって低下してしまいます。

 

この器官の事を、下部食道括約筋と呼びます。

 

下部食道括約筋。
この括約筋は、食道と胃の丁度繋ぎ目の部分にある筋肉です。

 

口に入れた食べ物・飲み物を飲み込む際、
この括約筋が弛緩し、食道から胃へ食べ物・飲み物が
スムーズに落ちる様、機能しています。

 

逆に、何も食べていない・飲んでいない時の状態の時は、
括約筋は収縮し、食道と胃を遮断し、
胃液や胃の中の内容物が逆流しない様にしているのです。

 

胃酸過多の症状だけでは、単純に考えて、
胃液が胃から食道へ逆流する事はありません

 

しかし、胃酸過多はストレスが一つの原因として起こる症状です。

 

ストレスが溜まると、胃酸過多と同時に、
括約筋の機能低下が起こるので、異常に増えた胃液が食道へ逆流して、
すっぱいと感じたり、胸やけを感じたりしてしまうのです。

 

胃酸が出て、胸やけがするな〜と思って、胃酸を抑える薬を飲む。
それは、一時的な効果にしか過ぎません。

 

括約筋が緩んでしまっている以上、いつどんな状況で
胃液が食道へ逆流するのかは、誰にも予測が出来ないのです。

 

そして、胃液に含まれる強力な酸によって、
食道に炎症や潰瘍が出来てしまう事もあるのです。




逆流性食道炎の原因としてストレスがありますが、その理由について解説しています。