このエントリーをはてなブックマークに追加  

喫煙による影響について

たばこを吸う男性

医者に、逆流性食道炎の人は、タバコを吸って良いかと聞くと、まず間違い無く【ダメだ!】と言われる事でしょう。

 

しかし、実際の所は逆流性食道炎と喫煙の因果関係は、科学的に完全に証明されている訳ではないのです。

 

ですが、タバコを吸わない人より、吸う人の方が統計学的にですが、
圧倒的に逆流性食道炎が悪化・重傷化する傾向にある事は事実
なのです。

 

タバコを吸う事。

 

喫煙習慣が逆流性食道炎を悪化させる原因は、
タバコの煙によって胃が刺激され、
胃酸を多く分泌してしまうから
と言われています。

 

タバコの煙を吸い込むと、胸内部の圧力が高まり、
胃液を上へ押し出す力が働き、胃液・胃酸の逆流が起こりやすくなるのでは・・・?
と考えられています。

 

また、タバコに含まれている様々な有害物質・そしてニコチン等は、
食道の粘膜に対して、大変悪い影響を与えるのです。

 

タバコを吸うと、唾液の分泌が低下するので
唾液が胃酸を中和する働きが弱ります

 

その結果、胃酸が逆流した時にタバコを吸わない時より
強い酸が食道の粘膜に接触することになることも症状を悪化させる一因です。

 

タバコは、胃や十二指腸の粘膜の防御能が低下させるので、
逆流性食道炎の人がタバコを吸い続けていると
胃潰瘍や十二指腸潰瘍を発症するリスクが高くなります。




逆流性食道炎の原因として喫煙による影響も考えられます。その理由について解説しています。