このエントリーをはてなブックマークに追加  

加齢による影響について

運動不足の男性

加齢によって逆流性食道炎にかかりやすくなるというのは仕方のないことです。これは、筋力の低下が大きな理由になります。

 

胃の中の酸の分は少なくなる高齢者ですが、肝心の胃と食道の間の筋肉が弱まることで逆流しやすい環境になっていることが原因です。

 

また、食道そのものの動きも悪くなっているため、
本来の機能が失われているのにもかかわらず、

 

気にも留めないで、よく食べたり、お酒を飲むことで
酸が逆流してしまうということなります。

 

以前から、高齢者に見られる病気の一つで、
誤飲(食べものや飲みものが誤って気管に入る)が多くなるのと同じで、
食べたら胸やけがする症状がありました。

 

年だからということで片付けられていたことですが、
実は逆流性食道炎だったということなのです。

 

初期であれば、胃の酸を少なくする薬を飲むとすぐに良くなりますが、
重症になると、咳がたくさん出て体力が落ちたり、
苦しい思いをするということもあります。




逆流性食道炎の原因として加齢による影響も考えられます。その理由について解説しています。