このエントリーをはてなブックマークに追加  

アルコールによる影響について

さて、前回は逆流性食道炎の一つの原因として、ストレスを挙げさせて頂きました。

 

逆流性食道炎とストレスの関係〜もっとも大きな要因の一つ〜

 

ビールを飲む男性

今回は他の原因。アルコールによる、逆流性食道炎の発症です。

 

お酒は、胃酸の分泌を促す作用があります。特にアルコール度数が高いお酒が胃に入ると、胃はとてつもない量の胃酸を作り出してしまいます・・・。

 

ここまで読んで頂ければ、既に胃酸が多く出るという事が、
逆流性食道炎にとって非常に良く無いという事を、
皆さん理解しているかと思いますので・・・。

 

後が想像出来るのではないでしょうか?

 

お酒の中でも、皆さんが特に飲まれているであろう、ワインとビール

 

これらのお酒が体内・胃の中に入ると、
脂肪を消化させる【コレシストキニン】と呼ばれている
ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。

 

この難しい名前のホルモンは、前述した通り、
脂肪を消化させるためのホルモン物質です。

 

油の多い料理を食べた時。
お肉を食べた時。

 

この、【コレシストキニン】は、非常に多く分泌されてしまいます。

 

しかし、その働き自体は全くおかしな事では無く、
正しい働きなのです。

 

ですが皮肉な事に、この【コレシストキニン】は、
胃と食道の中間にある括約筋を、緩めてしまう作用があるのです。

 

お酒を飲むと、特にアルコール度数の高いお酒を胃の中に入れてしまうと、
アルコールを消化・分解するために、大量の胃酸が胃の中で作られます

 

さらに、ホルモンの働きによって、胃と食道の間にある括約筋の働きが弱くなり、
結果として、胃液が食道に逆流し易くなってしまう
のです。

 

また、皆さんはお酒を飲むと、妙にゲップが多く出ませんか?

 

それは【コレシストキニン】と呼ばれるホルモンの働きによって、
ゲップが多く出てしまうのです。

 

お酒を日頃から飲んでいる方。
アルコール度数の高いお酒が好きな方。

 

今は逆流性食道炎になっていなくても、なる可能性は存分にあります。

 

注意する様にしましょう。



逆流性食道炎の原因としてアルコールの過剰摂取による影響も考えられます。その理由について解説しています。