このエントリーをはてなブックマークに追加  

対人恐怖症との関係について

対人恐怖症

逆流性食道炎の症状は、【対人恐怖症を引き起こしやすい】と言われています。

 

例えば、逆流性食道炎の症状の一つに【げっぷ】があります。げっぷは、人を不快にさせることはあっても、良い気持ちにさせることはありません。

 

子供同士であれば、げっぷをしながらキャッキャと楽しむこともできるかもしれませんが、大人になると、【相手に失礼がない様に】という思いから、げっぷなどは極力我慢する様になる筈です。

 

しかし、逆流性食道炎の方の場合は、
我慢しても人前で何回も出てしまったりします。

 

当然、職場などでげっぷをしてしまえば、
相手との間に距離感ができたりするのですが、

 

げっぷなどの【不快な生理現象】から生じた距離感は、
カンタンに解消できるものではありません。

 

げっぷに悩まされて、一人でいることを好む様になる女性も多くなってますし、
男性の場合も、飲み仲間と毎日楽しく飲んでたのに、

 

げっぷが原因で食欲がなくなり、お酒も全く飲めなくなってしまって、
結果的に孤独になってしまったという方もいるのです。

 

男性ならまだしも、女性の場合は、
げっぷを一回、人前でしてしまったというだけで、

 

対人恐怖症になったり、鬱病になったりするのですから、
些細な問題ではなく、【大問題】なのです。




逆流性食道炎と対人恐怖症の関係について解説しています。