このエントリーをはてなブックマークに追加  

たばこ(喫煙)による影響・関連性について

たばこを吸う男性

逆流性食道炎の方に限らず、【たばこ】は、健康状態を良好に保つ上で、絶対に控えてほしい、【至上最悪のアイテム】です。

 

喫煙は他の病気を引き起こす原因にもなりますし、逆流性食道炎に対しても、著しい悪影響を及ぼします。

 

軽度の逆流性食道炎を抱えていた人が、たばこを吸う様になると、症状の度合いは一気に重度のものになりますし、逆流性食道炎の重症患者のほとんどは、たばこを吸うことによって、その症状を重度化させているのです。

 

とはいえ、「じゃあ、逆流性食道炎と喫煙には、因果関係があるの?」
と訊かれると、実は現段階では閉口せざるを得ないのです…。

 

そう、【たばこが逆流性食道炎を悪化させている】と断言することは、
現段階ではまだ出来ない状況にあります…。

 

そのため「因果関係が証明できないなら、吸ってもいいよね」
と吸い続けてしまう患者さんも多いのですが、

 

たばこの成分が唾液の分泌量を減少させることは確実ですし、
胃酸を多く分泌させるアイテムであることは間違いありません。

 

たばこを控えさえすれば確実に、
逆流性食道炎を発生させる【原因】は少なくなるので、

 

吸わずにいられなかったとしても、できれば喫煙は少しずつでも、
控える様にして欲しいと思います…。




たばこ(喫煙)による逆流性食道炎への影響や関連性について解説しています。