このエントリーをはてなブックマークに追加  

様々な諸症状について

咳をする男性

逆流性食道炎は、様々な諸症状を併発します。胸焼け、げっぷなどもそうですが、それ以外にも、数え切れない程の症状を併発するのです。

 

例えば、咳、痰を始めとして、背中の痛み、胸の痛み、喉の奥のイガイガ感、食べ物・飲み物を飲み込む時の違和感(つっかえてる様な感じ)。

 

さらには、声の擦れや膨満感など、
逆流性食道炎の症状には様々なものがあるのです。

 

声が掠れて出づらくなると、私達は思わず
「声帯に異常があるのではないか」と考えるのですが、

 

原因はそのもっと下の部位である「胃」や「十二指腸」にあったりします。

 

ですので、もし「夜になると声が出ないことがある」とか、
「喋り続けてると、声が掠れてきてしまう」といった悩みを抱えているのであれば、

 

それは逆流性食道炎の症状かもしれないのです。

 

もちろん、原因が逆流性食道炎でない場合もあるのですが、
逆流性食道炎がたくさんのトラブルを生み出してしまうということに、
変わりはありません。

 

逆流性食道炎を治すことによって、
前述の症状が一気に改善されることがあるので、

 

これらの諸症状に悩まされているのであれば、
今日からでも、逆流性食道炎を治す為の行動を心がける様にしてみてください。




逆流性食道炎によって起こる症状について解説しています。