このエントリーをはてなブックマークに追加  

咳や痰が止まらない時に気をつけたい事

咳ごむ男性

げっぷ、嘔吐、背中の痛み、胸焼けなど、逆流性食道炎の症状は多岐に渡っています。

 

中には、咳に悩まされている人もいますし、痰が大量に出てくることに悩まされている人もいます。

 

咳や痰が出てくると、大体の方は
「ああ、風邪引いちゃったんだな」と考えたり、

 

気管支炎を疑ったりするのではないかと思われますが、
逆流性食道炎自体が咳・痰の原因であることも多々あるのです。

 

例えば、逆流性食道炎になると食道が炎症を起こすので、
食道が上がって来るのを拒否しようとした結果、
咳がたくさん出てしまうことがあります。

 

この場合は、根本的な原因が【胃】と【食生活】にあるので、
咳止めの薬を飲んでもあまり意味がありません。

 

痰が止まらない場合も同様です。

 

痰を抑える為の薬を飲むよりも、
逆流性食道炎の処方薬を飲んだ方が効果があります。

 

結局、大量に分泌された胃酸が、張り付いていた痰を溶かし、
剥がれたものがそのまま腔内に上がってきているということなので、
まず【胃酸】を何とかしないと、咳も痰も治らないのです。

 

逆流性食道炎の症状は、様々な形で表面化してくるので、
「もしかして?」と感じた時は、早急にお医者さんに掛かる様にしましょう。




逆流性食道炎による影響で咳と痰が出ることがありますが、その対処法などについて解説しています。