このエントリーをはてなブックマークに追加  

空気呑気症との関連性について

空気呑気症の男性

逆流性食道炎の方は、【空気呑気症(くうきどんきしょう)】になっていることが多いとされています。

 

空気呑気症の傾向があると、食べ物と一緒に空気を飲んでしまうだけではなく、緊張を感じた時に、無意識に空気を飲み込んでしまいます。

 

結果、げっぷが出やすくなるのですが、逆流性食道炎の方の場合は、慢性的な消化不良なども抱えているので、空気呑気症の症状と合わさって、余計にげっぷが出やすくなっていたりするのです。

 

とはいえ、逆流性食道炎をすぐに治すというのは、中々困難だと言えます。

 

逆流性食道炎の方は治療に時間が掛かってしまいがちですが、
空気呑気症の方は、飲み込み癖を矯正することで早急に治すこともできるので、

 

げっぷが大量に出て困っているのであれば、
まずは、空気呑気症を治す為の知識から集めてみると良いと言えるでしょう。

 

ちなみに、空気呑気症はストレスと密接な関係があります。

 

気苦労が多く、周囲に気を遣いながら生活する人に多く見られる症状なので、
思い当たる節のある方は、ぜひ一度、空気呑気症についてをチェックしてみてください。




逆流性食道炎により空気呑気症になる方も多くいらっしゃいますが、どういった症状のことをいうのか解説しています。