このエントリーをはてなブックマークに追加  

子供が逆流性食道炎になる主な原因とは?

子供たち

逆流性食道炎は、二十代〜八十代の方が発症するものとして知られているのですが、実は発症するのは大人ばかりではありません。

 

稀にですが、小学生児童や、幼稚園児、赤ん坊などにも逆流性食道炎の症状が現れることがあるので、お子さんのいらっしゃる方は十分に気をつけるべきだと言えます。

 

ちなみに、なぜ子供が逆流性食道炎に掛かってしまうのかというと、
その理由の大半は「食生活」にあるのです。

 

子供はほとんどの場合、自炊するのではなく、
親が作ったものを食べて生活することになります。

 

受動的に出されたものを食べるしかないのですから、
それを親が作ったのであれば、子供は、脂っこいものや糖分が
大量に含まれたものでも、食べなくてはなりません。

 

その為、親が栄養バランスに疎い人物だと、
当然子供の体調は悪くなっていってしまいます。

 

せっかく下部食道括約筋が発達していても、
脂っこいものばかり食べさせられていれば当然筋肉は弱くなり、
胃酸が上がって来る体になってきてしまうのです。

 

子供だからといって、逆流性食道炎に掛からない訳ではありません。

 

保護者の【料理下手】によって病気にさせられてしまうこともあるのです。




食生活の影響で子供が逆流性食道炎になることもありますのでバランスのとれた食事を考えるようにしてあげましょう。