このエントリーをはてなブックマークに追加  

逆流性食道炎に深く悩まされている方へ

お医者さん

逆流性食道炎は、体だけを痛めつけるものではありません。

 

時に精神をも痛めつけますし、メンタル面の弱い方は、逆流性食道炎による嘔吐・げっぷが原因で鬱病になってしまうこともあります。

 

げっぷや嘔吐、背中の激痛が原因で、夢を叶えることを諦めなければならず、人生が大きく変わってしまったという人も、
中にはいるのです。

 

逆流性食道炎は、人生を変えてしまうこともある、
恐ろしい症状かもしれません。

 

【生活の中の小さな悩み】で収まれば良いのですが、時として、
逆流性食道炎が人生を大きく左右する要素となることもあるのですから、
やはり、放置せずにしっかり闘病していくべきだと言えます。

 

そして、逆流性食道炎によるげっぷが辛いのであれば、
鬱病になる前に、周囲の人に相談してみましょう。

 

最初は抵抗を感じるかもしれませんが、
たくさんの人に相談できる状態になると、心の負担も随分少なくなりますし、
ただ相談しただけで、逆流性食道炎の症状が軽減されたりもするのです。

 

一人、二人に相談するのではなく、なるべくたくさんの人に相談してみることで、
現状を打破してみましょう。


【吉岡 卓治医師】の逆流性食道炎コラム記事一覧

逆流性食道炎を予防してくれるアイテムの一つに【ガム】があります。「えっ、ガム?お医者さんから、甘い物を控える様に言われてるのに、いいの?」逆流性食道炎を発症している方は、医師から甘い物を避ける様にさんざん言われている筈なので、ガムを勧められると思わず違和感を覚えてしまうかもしれません。しかし、控える...

逆流性食道炎に掛かると、「とにかく、胃を温めれば良いのだ」と考えて、熱い飲み物ばかりを飲んでしまう方がいます。しかし、これは【NG】です。確かに、冷やすよりは温めた方が良いかもしれませんが、むやみに温めさえすれば良いというものではありません。患者さんの中には「胃の調子を治す為に、熱い緑茶を毎日何杯も...

前回は【熱い緑茶は、逆流性食道炎の方にあまりおすすめできない】というお話をしましたが、では【ぬるい緑茶なら良いのか】というと、実はそれも、おすすめできないのです…。緑茶は一見すると無害な飲み物に思えますが、成分の中に【カフェイン】を含んでいます。カフェインは効果的に摂取すれば、体をより健康に導いてく...

逆流性食道炎の方が悩みがちな症状の一つに、【げっぷ】があります。げっぷは人前でしてしまうとかなり気まずくなってしまうので、なるべくせずにいたい所です。げっぷが出ない様にする為には、なるべく空気を飲まない様に食事をしなければならないのですが、空気を飲むことがすっかり癖になってしまっている方からすると、...

逆流性食道炎の方は、【空気呑気症(くうきどんきしょう)】になっていることが多いとされています。空気呑気症の傾向があると、食べ物と一緒に空気を飲んでしまうだけではなく、緊張を感じた時に、無意識に空気を飲み込んでしまいます。結果、げっぷが出やすくなるのですが、逆流性食道炎の方の場合は、慢性的な消化不良な...

逆流性食道炎の方に限らず、【たばこ】は、健康状態を良好に保つ上で、絶対に控えてほしい、【至上最悪のアイテム】です。喫煙は他の病気を引き起こす原因にもなりますし、逆流性食道炎に対しても、著しい悪影響を及ぼします。軽度の逆流性食道炎を抱えていた人が、たばこを吸う様になると、症状の度合いは一気に重度のもの...

逆流性食道炎を抱えていると、寝る時に何かと不快感を覚えがちです。胃酸が上がってきて、洗面所へ駆け込むことになってしまったり。吐き気を我慢し過ぎて、食道が焼ける様に熱くなってしまったり…。眠たくても寝付けなかったりしがちな症状なので、何かと辛い夜を過ごしている方も、少なくないのではないでしょうか。しか...

逆流性食道炎の症状は、【対人恐怖症を引き起こしやすい】と言われています。例えば、逆流性食道炎の症状の一つに【げっぷ】があります。げっぷは、人を不快にさせることはあっても、良い気持ちにさせることはありません。子供同士であれば、げっぷをしながらキャッキャと楽しむこともできるかもしれませんが、大人になると...

逆流性食道炎の患者さんは、口臭に悩まされる場合もあるので注意しなければなりません。逆流性食道炎を発症すると、食後、胃酸が腔内まで上がってきて、口の中に酸味が広がってしまうことがあります。この時の酸味が、ただ口の中に漂ってるだけならまだ良い方かもしれません。酸っぱい味がするだけで済んでいるのであれば良...

げっぷ、嘔吐、背中の痛み、胸焼けなど、逆流性食道炎の症状は多岐に渡っています。中には、咳に悩まされている人もいますし、痰が大量に出てくることに悩まされている人もいます。咳や痰が出てくると、大体の方は「ああ、風邪引いちゃったんだな」と考えたり、気管支炎を疑ったりするのではないかと思われますが、逆流性食...

逆流性食道炎は、様々な諸症状を併発します。胸焼け、げっぷなどもそうですが、それ以外にも、数え切れない程の症状を併発するのです。例えば、咳、痰を始めとして、背中の痛み、胸の痛み、喉の奥のイガイガ感、食べ物・飲み物を飲み込む時の違和感(つっかえてる様な感じ)。さらには、声の擦れや膨満感など、逆流性食道炎...

アメリカの食べ物が健康を害している…とは申しませんが、欧米化した食事が、日本人の胃を疲れさせることがあるというのは真実です。そもそも、アメリカの食べ物と聞くと、スパゲッティやハンバーグなど、脂っこいものを想像する方がほとんどかと思われます。あちらの国の食べ物は、実際、脂っこいものや、消化しづらいもの...

逆流性食道炎の患者さんの中には、若い方もたくさんいますが、どちらかと言えばおじいちゃん、おばあちゃんの割合の方が高くなってます。元々逆流性食道炎というのは、高齢者が掛かるものとしておなじみの症状。胃腸付近の機能は、老化していくにつれ、どんどん弱くなっていくので、老化すると自然と、逆流性食道炎に掛かり...

逆流性食道炎に掛かっていても、医師がそのことに気づいてくれないこともあります。例えば、その症状が初期のものだったり、他の病気と勘違いされやすいものだったりすると、逆流性食道炎以外の病名を付けられてしまうことがあるのです。町医者などに行って診て貰うと、そういった誤診の割合は増大します。本当は逆流性食道...

みなさんは、胃酸の【正体】が何であるかをご存じでしょうか?この質問を投げかけると、ほとんどの患者さんは「酸っぱい液のことでしょ?」と言ってみたり、「食べ物を消化してくれる液のことですよね」と答えてくれたりするのですが、実は胃酸はもっと恐ろしいもので構成されています。そう、胃酸は、【塩酸】で構成されて...

逆流性食道炎は、胃酸という名の【塩酸】に食道を溶かされた状態である。ということは、前回の記事の中でもご説明した通りですが、このことを知って、ある問題に気づかれた方もいるのではないでしょうか。塩酸は、食道まで上がって来ると、肉を溶かし、炎症を起こします。そして、食道まで上がってきた塩酸は、そのまま口の...

逆流性食道炎を放置することによって、【吐血】してしまう人も稀に存在します。逆流性食道炎は通常、悪化しても食道が腫れる程度で済むのですが、炎症を我慢し過ぎると、糜爛(びらん)の度合いが酷くなり、出血してしまうことがあるのです。逆流性食道炎の食道が出血する場合は、比較的少ない量の出血しかしないものなので...

逆流性食道炎は、二十代〜八十代の方が発症するものとして知られているのですが、実は発症するのは大人ばかりではありません。稀にですが、小学生児童や、幼稚園児、赤ん坊などにも逆流性食道炎の症状が現れることがあるので、お子さんのいらっしゃる方は十分に気をつけるべきだと言えます。ちなみに、なぜ子供が逆流性食道...

逆流性食道炎に掛かると、しゃっくりが止まらなくなることがあります。しゃっくりというのは、一見すると逆流性食道炎とはまったく関係がない様に思われるのですが、実は、密接な関係があるのです…。まず、逆流性食道炎を発症すると、食道を深く傷めることになります。この時、ただ一時的に痛むだけなら良いのですが、慢性...

逆流性食道炎の症状を抱えている方の中には、長びきがちな通院期間に深く悩んでいる方もおられると思います。「処方薬を飲み続ければ治ると思ったのに、中々症状が改善されない…」「通院を初めてからもう十年になるのに、薬を止めると再発してしまうから、薬代が馬鹿にならない…」「あらゆる処方薬を飲んでるのに、症状が...

【逆流性食道炎になりやすい性格がある】と言われても、ピンとこない方がほとんどかもしれませんが、実は、「周囲に気を遣い過ぎる」人は、逆流性食道炎になりやすいと言われています。周囲に気を遣い過ぎてしまう方は、食事中もリラックスすることができません。周囲に気を遣うあまり、会話で盛り上げながら食事してしまっ...

逆流性食道炎になりやすいタイプの一つに、【過食嘔吐のクセがある人】がいます。過食嘔吐をしてしまいがちな方は、大体の場合【痩せたい】とか【もっと綺麗になりたい】といった様な理由からそれを行っているのですが、これはハッキリ申し上げると、危険であるだけでなく、【太る】可能性が高まるので、おすすめできません...

逆流性食道炎は、放置していてもある程度の期間は、どうにかなってしまう症状です。病気とはまた違いますし、食生活を改善しただけで一気に回復することが多い症状なので、それを知っていて「まだ当分はこのままでいいや」と、放置してしまう方がかなり多いのですが…。実は逆流性食道炎を放置すると、体調が悪化することの...

逆流性食道炎と真剣に向き合ってる方の中には、治療に積極的になるあまり、沢山のサプリメントに手を出してしまってる方もいらっしゃるかもしれません。素人目に見ると、サプリメントを大量に飲んでいる人というのは、【健康管理ができている、しっかりした人】と捉えられがちなのですが、プロの目から見ると、苦笑いしてし...

知人の家に招かれることが多いという方や、仕事の関係上、上司と食べ歩かなくてはならないという方は、残さない様にと気を遣うあまり、胃のキャパシティを無視して食べ続けることになりがちです。そういった食べ方をすると、その時だけは「ふ〜、良かった、何とか食べ切れた」とホッとするかもしれませんが、胃の中はまさに...



吉岡 卓治医師の逆流性食道炎で悩まれている方向けのコラムをまとめています。